雨水の日

昨日が暖かかったので今日は一段と寒く感じます。

しかし梅の花が咲いてるのを見ると、

季節は少しずつ春に近づいているのが分かります。

さて今日は「雨水の日」についてのお話しです。

みなさま「雨水の日」ってご存知ですか?

まず雨水とは、二十四節気の一つで、

温かさに雪や氷が解けて雨水として降り注ぐ日、とされています。

2月19日頃から啓蟄(けいちつ)の前までの事で、今年は2月19日~3月6日。

この期間の初日を雨水の日としているので2月19日になります。

昔から農耕の準備を始めるのは雨水が目安とされて来たようです。

簡単に言うと、これから春になっていくよ~というお知らせの日、という感じでしょうか。

そして、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるとされています。

理由は諸説あるようですが、有名な由来は、

日本神話から来ているようです。

草木も芽吹き、雪解け水が川に流れ始める。。。

水は命の源であるとされ、母と考えられていた為

水の神様は、子宝の神様とされていたり、安産の神様として崇められていたので

良縁に恵まれると言われるようになったようです。

雨水の日に雛人形を飾り付けた後には、、、桃の花!

欠かせませんよね!!

その際にはぜひシーズン花達へ。

桃の花、春の花達、ご用意してお待ちしております。

◆◆◆

目黒区全域・世田谷区(一部)

3,000円より無料配達いたします

シーズン花達☎03-3717-5538

◆◆◆

カテゴリー: BLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です